お肌のトラブルありませんか?

きれいに透き通った白い肌の女性をみると誰もが素敵だなって思います。

年齢よりも若く見える女性の秘密って何でしょう?

同じ年齢なのに老けてみえる、若く見える差はたくさんありますが、
ちょっとしたコツやちゃんとした知識がると
ぜんぜん年を重ねることは悲しいことではなく
楽しくワクワクすることだと思います。

プラーナではエステシャンとして実際にサロンでもお話ししていることを
こちらに書いてみました。

さあ、少しいつものスキンケアからきれいなるヒントがお伝えできたらうれしいです。

 

肌は内側からのケアが7割 外3割だといわれます。

エステサロンなのに、
なんでそんなことと思われる方もいらっしゃると思いますが。

化粧品をぬるだけで、エステにいくだけで100%綺麗になれるかというと
そうではありません。

まず、健康であってはじめて
お肌が綺麗になっていく基礎があると思います。

食べること、眠ること、運動することなど
普段の生活でどれだけみなさんは気をつけていますか?

健康食品(サプリンメント)だけでも健康なきれいなお肌を手に入れることはできないでしょう。

食事は
お野菜たっぷりがやはり綺麗になる近道です。
生野菜サラダなんかもオシャレで結構いい感じだと思いがちですが、
ほとんどがビタミンが少なめなめですし、体を冷やしやすいです。
冷やすと血行不良となりかねないので、
肌に栄養がいかないので
肌の代謝が下がったりあまりお勧めしません。

ちょっと綺麗になれるビタミンといえば
「ベーターカロチン(ビタミンA)」」です。

ベーターカロチンはお肌がサビないように(抗酸化作用)してくれる作用が強くて
肌を綺麗にしてくれる美容液のような成分。

これはホウレン草、ニンジンといった緑黄色野菜んびたっぷり入ってます。
またビタミンCにもお肌がサビないようにする作用があり、
特に紫外線に対する抵抗力をつけてくれるので
日焼けしそうな前にとっておくと、かなり役に立つ栄養素です

美しいお肌を保つために「は緑黄色野菜100g、淡色野菜200g」
を温かい状態で食べるのがいいと思います。

毎日買ってきて食べるのが大変なら
私もよく利用するのですが、冷凍野菜で電子レンジで調理でもいいと思います。

ちょっとだけ知っとくと便利なお野菜の知識
緑黄色野菜
ほうれん草、ニンジン、カボチャ、オクラ、サヤインゲン、ピーマン、ブロッコリー
しその葉、チンゲン菜、ニラ
淡色野菜
じゃがいも、白菜、モヤシ、レンコン、ゴーヤ、キャベツ、かぶ、カリフラワー、さつまいも、

大人の女性でよくがちなのが
炭水化物の取りすぎもあまりお勧めしません。

うどん、ごはん、パスタ、ラーメン、なんてのも手軽でいいのですが、
ある程度はOKですが、美容的にはあまりたくさんとるのはおすすめしません。

逆に綺麗なるのに必要なのは良質なタンパク質

お肉といえば太るイメージもありますが、
お肌を新しく生まれさすという意味ではなるべく
1日に100gとるといいと思います。
脂身のお肉が気になる場合は鶏肉のササミや豚モモ肉もお勧めです。
肉のかわりに白身のお魚もお肌を綺麗にしてくれます。
豆、海草、根菜もおすすめです。

塩分や刺激物、過剰な動物性脂肪は逆に避けたほうが無難です。

お肌とお水

冷たいものばかり飲む女の人も増えてきました。

サロンでもなるべくエステのあとでも温かい飲み物を出すことが多いのですが、
水分は1日にどれくらいとればよいのでしょうか?

だいたい個人の差もありますが1日に1リットルから2リットルの間といわれています。
ただし、むりやりその量が必要だからといって無理やり飲むのはお勧めしません。

人間の体は必要なときに必要な乾きが生じるものなので
のどが渇いてもいないのに、美容でいいからといって
たくさん飲む必要はありません。

個人の汗とか運動量、生活状態によって必要な水の量はおのずと変わってくるので
基本は喉がかわいたら飲むスタイルでOKだと思ってます。

よく飲んだ水で体がキレイになるのでは?と思って
たくさん飲まれるかたもいらっしゃいますが、
恩だ水は大腸から吸収されて
腎臓から尿となって外に排出されますが、
浄化作用はあまり期待できません。
飲みすぎると逆にお肌の代謝もわるくなってむくみやすくもなるので、
基本はこまめにゆっくりちょろちょろ
温かい飲み物を喉が渇いたときに飲むというのが正解だと思います。

※プラーナでは御井の清水という天然水をサロンでお出ししています。
>>水にこだわる

お肌と睡眠時間

最近は運動で体を動かしたり、
スポーツジムに通ってキレイをトータルで考える方が増えてきて
サロンでも前向きな美容をされてる方がたくさんこられます。

ただ、一番大事なところに
睡眠時間があります。
夜更かししたら何がお肌に悪いか?っていうと
壊れたお肌の老化した部分をゆっくり修復してくれる時間が少なくなるっていうことなんですよんね、。

食事と睡眠がどちらがお肌に影響が早くでるかというと
やはり睡眠時間だと思います。

平日に練れてないので休みの日に寝だめするから大丈夫!っていう方もいらっしゃい
ますが、それはあまり意味がないです。

起きていて生活しているうちは脳に血液が集中しているのですが、
寝ると血液はからだを隅々までゆっくりめぐってくれて
お肌にも栄養がいきわたります。

眠りはじめの3時間以内に成長ホルモンがでてきて、それによって
お肌の細胞が一生懸命生まれ変わってくれます。

だいたい生まれ変わる時間はどれくらい?っと聞かれると
だいたい「6時間くらいはかかります」っと答えます。
だから8時間睡眠が理想ではありますが
最近の女性は忙しく家事や仕事もあるので、
最低のラインでキレイになれるギリギリの線は
6時間が最低のラインだと思います。

後10時から、2時までの間がお肌の生まれ変わりなので
寝たほうがいいよっといわれていますが、
それも今の現代社会では難しい注文ですよね。

これはサーガーディアンリズムというものがあって、
だおたい12時半くらいまでに寝るようにすればいい線だと思います。
寝る時間がバラバラですとリズムも狂いやすいので、
なるべく同じ時間に寝るようにされるほうがいいと思います。

お肌をキレイにしてくれる成長ホルモンは睡眠のはじめの3時間といわれるので
とにかく最初の3時間の間に良質な睡眠をとるようにすれば
いいので、ねる1時間前から部屋を暗めにすると
メラトニンというホルモンがでて睡眠が深くなるといわれています。
ゆっくり アロマと暗めの照明でフカフカのお日様にあたった
やわらかいお布団で寝るっていうのも美容には大事だと思います。

ページの先頭へ