化粧する前に知ってもらいたいこと

""

化粧品を使用するまえに必ず知っていただきたいことがあります。

それはお肌の基本構造といいます。

難しいって思われるかもしれませんが
ここを押さえていないとスキンケアをする上でなんとなくわからなくなってエステや化粧品を買うのにも楽しく効果的にするってことが難しくなっちゃいます。

掛け算の九九が言えないのに応用問題がとけないのと同じです。
大事なところなのでしっかり わかっていたほうが絶対スキンケアが楽しくなるので
簡単にお話するのでなんとなく頭に入れてください。

専門的にお話すると混乱するしわかりづらいことになるといけないので簡単に理解していただくために よくサロンでお話するのですが、

お肌には上からおおまかに分かりやすくお伝えすると
3層になっています。(専門的にいうともっともっとこまかいですが
わかりやすくお伝えしたいのであえて3層でご説明します)

 

ここでは家に例えてお話しましょう。

 

お肌にはお家に例えると
屋根と家と土台の3箇所からなっているというお話をよくします。
""
屋根の瓦がはがれたり、ボロボロだと
お家は雨漏りがひどくて生活どころではないですよね。
お肌の外側が荒れている人はここをちゃんとしないと
ずっとトラブルが続きます。だからここを集中的にケアできる商品やエステをしたほうが効果的なんですよね。

次に家本体の部分
家の中がドロボーがはいってるみたいにひっくり返っていたり
長い年月なにもしないでほころだらけだったら
お家として機能しないですよね。
それなのに、片付けもしないで、家もグチャグチャのゴミだらけだったら
ちゃんと家をしっかりキレイにしていきますよね。
逆に屋根瓦はこわれてないのでそこをなおす修理なんかしても家自体は
変わらないですよね。よく化粧品を使ってもきれいにならない方では
そこの傷みや老化がきている場所がどこかしっかり見極めていきます。

そこにとどかせたほうがいいコスメはビタミンCだったり
いろいろな有効成分をとどけると早くきれいになっていきます。

最後に土台はどうでしょう。
シロアリとかが侵食していて
土台がゆるゆるに崩壊状態だったり、ねじや土台のコンクリートや木が
老朽化していたら屋根瓦から治しますか?
土台からとりあえず基礎工事をしますよね。それと同じでお肌の真皮という
土台部分が傷んでいるとシワタルミの原因ナンバー1のところなので
そこを徹底てきにケアするエステやコスメのご提案となります。

 

まずお家の屋根瓦の部分と家の部分がこちら

 

表皮(ひょうひ)という層
角質層 (はがれたら垢になるところで一番皮膚の上)
30パーセントの水分が含まれているところです。

そのちょっと下の層では60パーセントの水分。

表皮は2ミリほどの厚さがあり
28日周期でお肌の生まれ変わりで28日かけて上にあがっていきます。

これをお肌の生まれ変わりのサイクルすなわち ターンオーバーといいます。

その下にメラノサイトっというシミでくろくなる細胞の層があります。

最後に家の土台の部分
最後に真皮(しんぴ)
とういうお肌になります。

真皮の中にはここにいわゆるコラーゲンとか
(みつ編みみたいにあまれているヒモみたいなのがコラーゲンです)
エラスチン(コラーゲンの束をとめてくれるネジ)

繊維芽細胞(せんいがさいぼう)はコラーゲンの間に
生きている細胞でこの細胞のおかげでお肌がプリプリになってます。

この真皮が家でいえば
土台、床下っていうことになります。

この3つの部分がちゃんと機能しあってひとつの家
お肌でいうと外と真ん中と一番下の部分がちゃんと正常に戻すということが
大事になってきます。
あなたのお肌自身、どこの部分をケアしないといけないかちゃんとわかりますか?わからなかったらぜひお近くの美容に詳しい方に お会いになってカウンセリングをうけてみてください。 プロのケアはそこまで考えてアドバイスするので早くキレイになれるんだと
思います。

ページの先頭へ